復帰しやすい職場環境

女性の社会進出が進んだ今、家庭を持った場合の企業による復職サポートが積極的に行われるようになってきました。昔と違って結婚をしても働き続ける女性は多くなりましたが、出産をする場合は退職してしまう人が多いのが現状です。その理由は、復職後のサポート体制がまだまだ充分でない企業もあるので、働きながら家庭を維持していくのが難しい環境となっているからです。共働き世帯は夫婦そろって家事や育児を行うのが当たり前となりましたが、配偶者の協力だけではサポートは充分ではありません。女性が無理なく働いていけるように、また優秀な人材を失わないためにも、徐々に企業によるサポート体制が広がっているのです。その具体的な例として、職場に託児所を設けているところでは、職場にて直接子供の送り迎えができます。子供にトラブルがあってもすぐに駆けつけることができ、一般の保育所での送り迎えの時間も短縮できるのです。また、フルタイム勤務の場合、特別に出社時刻より早めに仕事にかかり、退社時刻の1~2時間前に退社ができる体制も一部の企業では好評です。早く帰れることで家事などがスムーズにできることも多いので、そのメリットは大きいです。これ以外でも、サポート体制が充実している企業では、同じような立場の人が多いというのもあって、復職への理解も深いのです。いくら企業の体制が充分でも、一緒に働くスタッフの理解がなければ気持ち良く働けません。1人1人が必要な人材として、みんなが協力し合える環境が徹底されているのです。

Leave a Reply